借金を放置しても、時効はほとんど成立しない!

代表弁護士 佐々木 一夫 (ささき かずお)

借金の額が多くなり、もう返済ができない。

そんな時に考えることは、時効の成立を待つか、債務整理をして合法的に楽になるかの2択です。

借金にも時効(返済不要)という概念は存在します。

ただし、時効を成立させるためには複雑な条件を全てクリアしないといけません。

実際のところ、時効を成立させるのは困難と言わざるを得ません。

借金生活から抜け出すために時効の成立を願うかもしれませんが、無理なものは無理なのです。

合法的に借金を整理(減らせる・ゼロにできる)できる債務整理をして楽になりましょう。

今回は、借金を時効でなくすことができるかどうかについて、詳細に解説していきます

借金にも時効は適用される

借金にも時効という概念が存在します

ただし、成立条件は非常に厳しく、簡単に時効は成立しません

借金に適用される時効を消滅時効と言い、債権者が債務者に返済を一定期間催促しないと成立します。

ちなみに、借金の時効は、銀行などでは5年、個人の貸し借りでは10年となっていましたが、2020年に施行された改正民法により、「権利を行使できることを知った時から5年、権利を行使することができる時から10年」のいずれか早い方で時効が成立するという法律に変更されました。

お金を貸した側である債権者が、返済期限が過ぎたにもかかわらず債務者に返済を迫らないということは現実にはありえません。

これが、なかなか時効が成立しない理由です。

また、時効を成立させるためには、お金を借りた側である債務者が債権者に時効の援用という意思表示をしなければいけません。

時効の援用は口頭でも認められますが、証拠が残らないので文書で伝えるのが一般的です。

時効を成立させるにはこのような厳しい条件をクリアしなければなりません。

借金の時効を待つよりも債務整理をしよう

借金の時効を待つのは得策とは言えません

債権者もバカではないので時効を成立させないように、あの手この手で攻めてきます。

それにいちいち対応するよりは債務整理をした方がよっぽど楽に借金問題を解決できます

債務整理は、任意整理・個人再生・自己破産に大別されます。

任意整理は、借金の利息部分をカット(元本はそのまま)してもらえます。

個人再生は、借金を5分の1から10分の1程度に減らしてくれます。

自己破産は、借金をすべて免除(チャラ)してくれます。

一見、自己破産が最良にみえますが、個人の資産状況や残したい資産(マイカーやマイホームなど)によって、ベストな債務整理は変わってきます。

債務整理は、合法的に借金を整理できるので、債権者や借金取りから逃げ回り、時効成立までビクビクして過ごすよりも良い方法です

一番いけないことは借金問題から目を逸らすことです

きちんと借金に向き合い、正しい法的手段で借金問題に立ち向かいましょう。

債務整理をする時は弁護士に相談しよう!

借金問題を解決しようと思い立ったら弁護士に相談するのがベストです

借金を減らすことができる債務整理は色々と種類があるので債務者に合った債務整理を探す必要があります。

債務整理に強い経験豊富な弁護士はその塩梅を熟知しているので、相談者様にあった債務整理をご提示できます

また、債務整理は裁判所により判断が多少異なるので、地域に根差した弁護士に相談することをお勧めします。

時効成立を待つよりも、まずは弁護士に相談しましょう

現状をお話しいただけたら、どの債務整理がよいのかをご提案できます。

いきなり弁護士事務所に足を運ぶのはハードルが高いかもしれませんが、弁護士事務所は怖いところではありません。

借金問題が片付き、全てが完了した時、弁護士に相談して良かったと思うことでしょう。

弁護士はあなたの敵ではなく、あなたの味方です

借金問題を解決したいと本気で思ったら、債務整理に強い弁護士にご相談ください。

まとめ

借金が増えて返済ができなくなると時効の成立を待ちたいと思うかもしれません

借金の時効は5年、または10年で成立しますが、成立させるためには諸々の条件をクリアしないといけません

一つは債権者から返済の催促や裁判を起こされないこと、もう一つは債務者が債権者に時効の援用を通知することです。

これらをクリアできれば時効は晴れて成立し、借金の返済義務はなくなりますが、現実問題として、これらの条件をクリアできる確率はほとんどありません。

まず債権者が返済期限を過ぎても返済の催促をしないことはほとんどないからです。

また、一定期間返済がなければ裁判を起こし資産を差し押さえに来ます。

債権者がこのようなことを実行すれば時効は延期され時効は成立しません。

理論上は時効という概念があっても実際はほとんど適用されないのです

このような夢みたいな制度にすがるよりも、合法的に借金を減らせる債務整理をしましょう

債務整理に強い弁護士に相談・依頼すれば、借金問題は解決します。

夢のような時効を待つよりも、その間に増え続ける遅延損害金の方がよほど怖いです。

借金問題は、早く解決した方が軽傷ですみます。

もう借金を返せないと思ったら、債務整理に強い弁護士にご相談ください。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付