借金の踏み倒しは非常に難しい! 借金解決法も併せて解説

代表弁護士 佐々木 一夫 (ささき かずお)

借金が多額になると返済するのが困難になり、返済するのが嫌になります。

返済するのが困難になると、いっそのこと踏み倒してしまおうかと考えることもあるでしょう。

借金の踏み倒しはできないわけではありませんが、非常に困難です。

わざわざ色々なリスクを背負ってまで踏み倒すのは得策とは言えません。

借金問題で頭を悩ませているなら、きちんと法的な手続きをして解決を目指しましょう。

借金問題を法的に解決する方法として債務整理があります。

債務整理は、自己破産・任意整理・個人再生などがあります。

債務の状況に応じてベストな債務整理を選び、借金問題を解決しましょう。

今回は、借金の踏み倒しが非常に難しいこと、借金は債務整理で処理した方が得策であることについて、詳細に解説していきます

借金を踏み倒すことは非常に難しい

借金が増えると返済が困難になり、返済をしたくなくなります。

このまま支払いを拒否して借金を踏み倒してしまおうと考える人もいるかもしれません。

確かに、返済を拒み、取り立てから逃げ続ければ一時的に返済しないで済みますが、債権者もバカではないので次の策を打ってきます

それがいわゆる「差し押さえ」というものです

借金の返済が滞ると債権者は裁判所に訴えます。

裁判所が債権者の訴えを認めると差し押さえが執行されるのです。

差し押さえが執行されると銀行にある預貯金にロックがかかり没収されてしまいます。

また、自宅にある換金性の高い資産も没収されるのです。

このことからも借金の踏み倒しは非常に困難だと言わざるをえません。

消滅時効を成立させるのも非常に難しい

借金にも時効という概念が存在します

この時効を消滅時効といいます

消滅時効が成立すれば借金はチャラ(ゼロ)になりますが、成立条件が非常に厳しいのでほぼ使えません。

消滅時効は返済をしなかった時から5年で成立しますが、厳しい制約があるのでほぼ成立しないのです

債権者が訴えを起こした場合、その時点で時効がリセットされ、時効成立時期が延長されてしまいます

つまり、債権者がきちんと債務者を訴えている限り、永遠に時効成立時期が延長されるということです。

時効というものがあるものの、現実問題としてなかなか成立しづらい状況にあるのです。

借金の踏み倒しはデメリットが多い

借金を踏み倒すことの難しさを説明してきましたが、それ以上にデメリットが多々あるのです

借金返済を拒むと差し押さえだけでなく、利子がついてしまうことをご存知でしょうか?

借金の返済を拒み返済が遅れると遅延損害金というものが発生します

遅延損害金の利子は非常に高く、最高利率が20%にもなります。

借金の返済を無視しても、結局、借金の額を増やしてしまうことになるのです。

また、借金を返済しないとブラックリストに載ってしまいます

ブラックリストに載るとクレジットカードの新規作成や新たなローンを組むことができなくなります。

お金を借りるときに連帯保証人をつけていた場合、当然ながら保証人が債務を支払うことになります

保証人になってくれた人との関係性が壊れることも知っておきましょう。

このように借金の踏み倒しはデメリットが多いのです。

借金は踏み倒さずに債務整理をしよう!

借金を踏み倒すのは非常に困難でデメリットが多いことがお分かりいただけたと思います

多額の借金を背負い、どうにもならなくなったら債務整理をしましょう

債務整理とは、合法的に借金を減らすことができる法的制度です

債務整理は、主に任意整理・個人再生・自己破産の3種類があります。

任意整理は、利息を免除してくれる制度で、元本を返済していくことになります。

個人再生は、借金を5分の1程度に減額してくれる制度です。

自己破産は、借金をゼロにしてくれる制度です。

どの方法で借金問題を処理するのがいいのかは、個人の資産状況などによって変わってきます

どの債務整理で借金問題を処理すればいいかは、債務整理に強い弁護士にご相談ください。

相談者様に合った最適な債務整理をご紹介いたします。

借金問題に悩んだら踏み倒すことを考えるのではなく、借金を減らすために債務整理を検討しましょう。

弁護士は借金問題で苦しんでいる相談者様の味方です。

明るい未来を目指すためにも、今、借金問題を解決しましょう。

まとめ

借金を踏み倒すのは非常に困難であり、デメリットも多いため得策ではありません

借金問題で悩んだら借金を減らせる、ゼロにできる合法的な債務整理を検討しましょう

どの債務整理がよいかは相談者様の状況により異なりますので、債務整理に詳しい弁護士にご相談ください。

一番良くないのは何もせず借金を放置し踏み倒そうとすることです

きちんと借金に向き合い法的な手段で借金問題を解決しましょう

借金問題に真摯に取り組んだとき、味方になるのが弁護士です。

どのような些細なことでも結構ですので、ご相談頂けたらと思います。

弁護士は、あなたの勇気ある一歩を全力でサポートいたします。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付