借金をひとつにまとめるメリットとリスクとは

「はじめは1社だけだった借金が、複数に増えて毎月の返済が苦しい。」

「複数の貸金業者からの借金をひとつにして利息を減らしたい」

このようなときに便利なのが、複数の借金を一括する「おまとめローン」です。

金融機関やカードローン会社でもさまざまな「おまとめローン」商品が扱われています。複数の借金をひとつにまとめることは、メリットがある反面、リスク部分もあることを知っておきましょう。

複数の借金をまとめる方法や、メリットとリスクについてお伝えしていきましょう。

借金をひとつにまとめる方法

おまとめ専用ローンを利用する

複数の借金を一本にまとめることを目的とした専用のローンで、東京スター銀行などが代表的です。おまとめ専用ローンは、今の借金を完済するための融資です。

そのため、融資金は借入れた本人ではなく、返済する貸金業者へ直接振り込まれる仕組みになっています。

つまり、借金返済のついでに、余分に借り入れをすることはできません。

借り換えローン

借り換えローンは、金利の高いローンから金利の低いローンに借り換えて、利息を減らすことが目的です。

ただ一般的には、おまとめローンと同様の商品として扱われていることが多いようです。

フリーローンやカードローンを利用する

フリーローンやカードローンは、融資金の使いみちに制限がないので、借金の完済に利用することが可能です。

また、融資限度額内であれば、借金返済以外の借り入れもできます。

借金をまとめるメリット

返済や残高の状況を把握しやすい

複数の貸金業者に借金をしていると、返済日を把握するのも大変です。うっかり返済日を忘れることもあるでしょう。

また、月に何回も支払い日があるため、家計の収支もあいまいになりがちです。

しかし、借入先が1本になれば返済は月に1回になり、忘れることもなくなります。口座の返済状況も一目瞭然で、家計管理が容易になります。

利息や返済総額が減る可能性がある

おまとめローンは一般的なローンよりも、金利が低い傾向にあります。現在の借金の金利よりも金利の低いおまとめローンに組み替えることができれば、利息を減らすことができます。

また、利息が減ることで、借金の返済総額も抑えられる可能性があります。

月々の支払額を抑えることができる

複数の借金をひとつにまとめる最大のメリットは、毎月の負担を少なくすることです。

毎月の返済金額が低くなる分返済期間は延びますが、無理のない額にすることで、遅延や滞納をせずに確実な返済ができるようになります。

借金をまとめるリスク

審査基準が厳しい

おまとめローンは、一般的なローンよりも審査のハードルが高くなります。複数の借金をひとつにするということは、高額な借り入れをすることになります。

そのため、おのずと審査基準が厳格になるのです。特に銀行系は審査基準が厳しい傾向があります。

審査で重要視される点は、収入や雇用形態、勤続年数などです。安定した収入があり、返済能力に問題がないか慎重に判断されます。

また、借入件数が多すぎる人や遅延や滞納がある場合も、審査が通りにくくなります。当然、審査の基本になるのは「個人信用情報機関」の個人情報になるので、長期の遅延などでブラックリスト入りしているような場合は審査には通りません。

返済総額が増えるケースもある

ローンをひとつにまとめて、月々の返済額を少なく設定すると、返済期間は長くなります。

いまの借金とおまとめローンの金利に大きな差がなければ、期間が長くなる分、支払う利息も多くなり、返済総額が増えてしまう場合もあります。

インターネット上でも簡単にできる、おまとめローンのシミュレーションなどを活用して、よく検討することが大切です。

追加の借入れができない

一般的なおまとめローンは原則、返済する借金の総額以上は借りることはできません。

つまり、3社に合計300万円の借金がある場合、おまとめローンの融資可能金額は300万円までになります。おまとめローンで借り入れ後に、またお金が必要になったとしても、原則追加の借入はできません。

例外的に、おまとめローン利用後の追加融資を受けられる商品もありますが、借入額が年収の3分の1以上の場合、融資は受けられません。

これは、過剰貸付を避けるため貸金業法に定められた「総量規制」に基づくものです。

【まとめ】

  • ①借金を1本にすると管理がしやすい。
  • ②低金利の融資でまとめると利息が抑えられる。
  • ③月々の返済負担を軽減できる。
  • ④おまとめローンは審査が厳しい。
  • ⑤返済期間を延ばすと総返済額が増える。
  • ⑥おまとめローンは原則追加の借入れはできない。

複数の借金をひとつにまとめる方法は、使い方によっては大きなメリットがあります。

しかし、借金をまとめることで返済総額が増えるなど、逆に損をすることにならないか、しっかりと見極めることが重要です。

また、借金が1本になることで借金自体が減ったような感覚になり、再びほかの業者から借金をするケースもあります。そうなると、再び多重債務に陥ることになります。

おまとめローンを検討する際には、完済までの期間や返済総額などを確認したうえで判断をしていきましょう。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付