ソシャゲでいつの間にか借金地獄!自己破産はできるの?

代表弁護士 佐々木 一夫 (ささき かずお)

スマホで遊べるソーシャルゲーム、略してソシャゲ。

ソシャゲはスマホで手軽に遊べるので大人気です。

しかし、一方で普通の人でもいつの間にか多額の借金をしてしまい、どうにもならない人も増えてきています。

ソシャゲは無料から遊べますが、ゲームが進むにつれ課金しないとクリアできないようになっています。

ゲームに膨大な時間を費やした人は先に進みたいのでついつい課金してしまいます。

もちろん限度をもって課金すれば問題ないですが、ソシャゲに夢中になるあまり自分の支払い能力を超えた課金をしてしまい借金地獄になることも最近は多いようです。

ソシャゲでの借金をどうにかしたいと思ったときはどうすればいいのでしょうか?

今回は、ソシャゲでつくった借金は自己破産できるかどうかについて、詳細に解説していきます

ソシャゲでの借金が増えている

ソシャゲとは、スマホで遊べるソーシャルゲームの略称です。

ソシャゲは無料から遊べるので大変人気があります。

ただし、ゲームを効率的に進めたり、クリアしたりするには課金しないといけません。

無料でも一定の範囲内で遊べますが、多くの人はゲームに夢中になりどんどん課金して遊びます。

ソシャゲに夢中になるあまり自己の支払い能力を超えた課金をしてしまうことが多々あるのです

ゲームをしている時は少額だと思っていても塵も積もれば山となるで多額の請求書がきてしまいます。

支払い能力がない子どもだけでなく、多くの大人も多額の課金をしてしまい社会問題になっています

現金でモノやサービスを買うのと違い、ボタン一つで買い物ができてしまうので自制心がない人やロジカルにものを考えられない人はすぐに借金地獄に陥ってしまいます。

ソシャゲは免責不許可事由に該当する

ソシャゲで課金をしまくって借金をつくってしまった場合、自己破産はできるのでしょうか

答えは、原則、免責不許可事由に当たるので自己破産できないが、現実は自己破産ができる可能性があるです

矛盾したような答えですが、以下で詳しく説明していきます。

自己破産を裁判所に申請しても許可がおりない借金の種類があります。

それが免責不許可事由にあたる借金です。

免責不許可事由にあたる借金とは具体的に言うと、ギャンブル(競馬・競艇・競輪・オート・パチンコ・スロット)や投資(株・債券・FX・先物・仮想通貨)、浪費(高級ブランド・高級車の購入)などです

これらでつくった借金は原則自己破産ができないのです。

ソシャゲもこの免責不許可事由の浪費に該当してしまうので、原則自己破産ができません

上記で原則自己破産ができないと書いた理由は以上です。

では、現実は自己破産できる可能性があると書いたのはどうしてでしょうか

それは裁量免責という制度があるからです

裁量免責とは、裁判所の判断で免責を許可する制度です。

いくらギャンブルや投資、浪費での借金は自己破産ができないと決めていても現実問題として支払い不能な借金はそこにあるわけです。

それを解消するためにこのような制度があるのです。

表向きは自己破産ができないと決めていても、裏ではきちんと自己破産ができるようになっているのです

ただし、裁量免責は当たり前ですが、同じ理由では何度も使えません

悪い輩が法律を逆手にとって悪用するのを防ぐためです。

ソシャゲでの借金も一度目ならこの裁量免責で自己破産できる可能性が高いです

ただし、裁量免責を認めてもらうには裁判所で裁判官と面接し、借金をつくったことに対し反省しているか、またソシャゲで借金をしないかなどをチェックされます

簡単に自己破産できるわけではないことを覚えておいてください。

裁量免責は債務者にとって福音であるものの、一回しか使えないと認識しておいた方がいいです。

実際は一回しか使えないわけではありませんが、2回目以降は免責許可のハードルが非常に高くなるので注意が必要です。

まとめ

ソシャゲ(ソーシャルゲーム)内の多額課金による借金が増えています

ゲームに夢中になるあまり知らず知らず多額の借金を抱えてしまうのです。

ソシャゲによる借金は免責不許可事由(浪費)に該当してしまうので、原則自己破産ができませんが、裁量免責という例外規定があるので実際は自己破産ができます

特に初めて(1回目)の自己破産ならば、この裁量免責により自己破産ができる可能性が高いです

裁量免責は裁判所の判断で免責が決定します。

ただし、裁判官との面談があり、借金をつくったことを反省しているか、二度と借金をしないか、きちんとした生活が送れるかなどが厳しくチェックされますのでご注意ください。

ソシャゲの借金は、自己破産に詳しい弁護士に相談するといいでしょう

自己破産手続きはもちろんのこと、裁判官との面談に関しても事前に適切なアドバイスがもらえます

裁量免責は同時廃止ではなく、管財事件として処理されるので、通常の自己破産よりも複雑で時間がかかります。

自己破産に明るい弁護士に依頼すれば、複雑な管財事件もスムーズに手続きが進みますので、ぜひ一度ご相談ください。

借金問題を解決し、新しい人生のゲームにチャレンジしていきましょう。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付