差押通知書は放置しておくと危険!対処法も解説

代表弁護士 佐々木 一夫 (ささき かずお)

借金をきちんと返済しないと、給与や財産を差し押さえられてしまいます。

返済が滞ると債権者は裁判所に申し立てをし、裁判所は債務者に差押通知書を出します。

差押通知書は、これから差押えをしますよという警告文ではなく、差押えが決定しましたという通達なので注意が必要です。

給与から勝手に一部が天引きされたり、銀行口座が凍結され預貯金が引き出せなくなったりします。

差押通知書を甘く見て放置すると大変なことが起きるので、通知書が届いたら弁護士等にすぐに相談しましょう。

差押通知書が届く前の警告文である督促状の段階で弁護士に相談するのがベストです。

借金問題は時間が経てばたつほど悪化していきます。

早目早目の対処が幸運を呼びますので、問題を放置せず悩んだらすぐに弁護士にご相談ください。

今回は、差押通知書とは何か、届いたらどのように対処すべきかについて、詳細に解説していきます

差押通知書とは、裁判所が出す法的な通知書

借金の返済が滞ると、差押通知書が裁判所から送られてきます

差押通知書は、裁判所が出す法的な文書で、強制的に債務者から債権を取り返せる旨が記載されています

この差押通知書が怖いのは、警告文ではないということです

差押通知書が届いたら、もう差押えの権利が決定しましたということなのです

つまり、給与や預金、財産を自由に使える権利がなくなったことを意味します。

預金は銀行から引き出せない、給与は一部しか使えない、財産は自由に売ったりできなくなります。

差押通知書を放置すると財産を没収される

差押通知書は督促状と異なり、返済の催促ではありません

財産を差押える権利が確定しましたという事後報告書なのです

実際、自分の手元にない財産はすぐに差押えられます。

銀行にある預貯金や振り込みの給与の一部などはすぐに口座を凍結され、引き出せなくなります。

差押通知書を督促状と同じように考えると痛い目にあいます

差押通知書を出されないように、督促状が送られてくる段階で債権者と話し合い、全額でなくても一部返済するなどして借金を返済する意思を示す必要があります。

どうしても返済が不能な場合は、借金問題に詳しい弁護士に相談して債務整理をするというのも一つの手です

実際に差押えられたらどうすべきか?

実際に財産を差押えられたらどうすべきでしょうか?

一つ目は、債権者と直接交渉することです

二つ目は、債務整理を検討することです

まずは直接債権者と交渉することが大切です

ただし、銀行口座などの手元にない財産は即時回収されてしまう恐れがあります。

一方で、家や車などの財産は回収までに時間がかかるので交渉する時間ができます。

交渉が成立すれば差押えを回避できることもあります

交渉してもダメな場合は、債務整理を考えるとよいでしょう

借金をただ返済したくないという場合は別ですが、現実問題として返したくても返せない場合もあります。

大した財産もなく、預貯金もほとんどなく給与だけしかない場合、差押えられると生活がままならなくなります。

そのような現状であれば、借金を減らせる債務整理を検討するしかありません。

債務整理は借金を大幅に減らせるのが利点です

自己破産は借金が全額チャラ、個人再生は5分の1程度に借金を減らせます。

債務整理は色々と種類がありますが、どれがいいかは相談者様によって異なります。

もう借金を返せないと思ったら、債務整理に強い弁護士にご相談ください

厳しい状況に追い込まれる前に弁護士に相談するのがベストです

相談が遅くなればなるほど状況は厳しくなります。

ただし、借金の種類によっては債務整理ができないものもあります

それが税金や社会保険料などです

税金などの公的な借金は減らすことができず、返済義務が残りますので注意が必要です。

差押通知書が発送される前の督促状の段階で弁護士に相談することをお勧めいたします。

借金問題は放置していたら何とかなるものではありません。

早め早めの対処が差押えを防ぐのです。

まとめ

差押通知書は警告ではなく、差押え実行書なので注意が必要です

できることなら警告文である督促状の段階で対処してください

また、差押通知書を放置することは絶対にやめてください

銀行口座の凍結、給与の強制回収、持ち家やマイカーの没収などが本当に実行されます。

差押通知書が届いたら、債権者と直接交渉するか、債務整理をご検討ください

弁護士にご相談頂ければ、どの方法がベストなのか丁寧にご説明いたします。

差押通知書が届いてももうダメだとは思わないでください

きちんと対処すれば必ず光は見えるものです。

大切なことは、どうすればいいか、どのような行動をとればいいか知っておくことです。

そのためにも債務整理に詳しい弁護士に相談し、差押通知書が来たときの対処法を知っておきましょう

弁護士は怖い存在ではなく、あなたの味方なのです。

弁護士を怖がらずに、気軽に相談してみてください。

そこから新しい未来が見えるはずです。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付