債務整理をするタイミングはいつがベスト?適切なタイミングをご紹介

借金が返せない、利息が増えすぎて元本が返せない、借金を返すために借金をしている、いつまでたっても借金を返し終わらないなど、借金問題でお悩みではありませんか?

借金問題でお悩みの方にお勧めなのが債務整理という方法です。

債務整理とは、合法的に借金を減額、またはゼロにする方法です。

債務整理は「自己破産」「任意整理」「個人再生」「特定調停」の4種類があり、それぞれに特徴があります。

どうしても借金問題を解決したい場合は、これらの手段を用いるのがベストです。

今回は、債務整理をするべきか否か、債務整理をするタイミングはいつがベストかについて、詳細に解説していきます。

債務整理をすべきベストタイミングは苦しくなる前

借金がかさみ苦しくなると日々の生活が借金一色になってしまいます。

何をするにも借金のことが頭から離れない状態になるでしょう。

このような状態になると不眠や体調不良など日常生活がまともに送れなくなります。

債務整理をするベストタイミングはそのような状態になる前です

まだ頭がクリアに働くときに、債務整理に強い弁護士に相談してください

借金問題で精神が不安定な状態では、法的手続きもまともにできなくなってしまいます。

もうダメだと思う前に、債務整理を検討しましょう。

債務整理は4種類ある

債務整理は、「自己破産」「任意整理」「個人再生」「特定調停」の4種類あります

これらを簡単に説明すると以下のようになります。

自己破産は、元本・利息すべてが免責になる(借金がゼロになる)方法。

任意整理は、利息が免除になり、元本のみを返済する方法。

個人再生は、借金が5分の1程度になる方法。

特定調停は、これからの利息を免除してもらう方法。

借金問題を解決したい場合には、上記のどれかを使って楽になりましょう。

どの方法が適切かは個々の条件で違いますので、まずは債務整理に強い弁護士にご相談ください

相談者様のお話を聞き、どの債務整理がベストか、どの債務整理が適用できるかをご説明いたします。

弁護士に話すのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、丁寧にやさしくご説明いたしますので、ご安心ください。

債務整理をすべき具体的なタイミング

ここからは債務整理をすべき、さらに細かい具体的なタイミングを解説していきます

もし該当する項目があったら直ちに弁護士へご相談ください。

チャンスを逸するとさらに大変な状況になります。

病気を治すときは「早期発見早期治療」が原則ですが、借金問題も「早期相談早期解決」が重要になります

ちょっとでも厳しい状況になったら、一人で悩まず弁護士に相談しましょう。

借金の利息分しか支払えない時

借金の利息分しか払えない時はアラート状態です

借金は利息を返すこと以上に元本を返すことが重要になります。

元本を返さない限り、借金問題から解放されないからです。

お金がなく利息分しか払えない状態が続く時は、債務整理を検討すべき状態と言っていいでしょう

もう1年以上利息分しか払っていないという時は、すぐに弁護士にご相談ください。

月収の3分の1以上を返済に充てている時

月の収入の3分の1以上を借金返済に充当しているときも大変危険な状態です

よほど収入がある人は別ですが、月収の3分の1以上を返済している人は、生活が破綻するリスクが高いというデータがあります。

借金が年収の3分の1以上ある人は、総量規制により新たな借金ができないと定められているぐらいです。

このことからも月収の3分の1以上借金の返済に充てている人は債務整理を検討すべきです

生活が破綻する前に、弁護士に相談しましょう。

複数の会社から借金している時

複数の会社から借り入れをしている時も危険な領域に達しています

あっちからもこっちからもお金をつまんでいる人は、多くの場合破綻します。

まず金額の多寡よりも返済計画で頓挫します。

どこからいくら借りたのか、いくら返済すればいいのか、いつまでに返済すればいいのかなどが分からなくなるからです。

このような場合は、少しでも早く弁護士に相談してください。

複数社から借り入れがある場合は、債務整理をすることを強くお勧めいたします

重症になる前に、早期に問題を解決しましょう。

借金を返すために借金をしている時

手持ちの資金が足りず返済日がきてしまったときに、違う所からお金を借りたりしていませんか?

これは一見正しい行動のようにみえますが、実は最悪な選択なのです。

これを続けると永遠に借金問題は解決しません。

どうしても返済できない時は、新たに借り入れをするのではなく、必ず債務整理をしてください

債務整理をしない限り、借金は雪だるま式に増大し大変なことになります。

何とか返済日をしのぎたい気持ちは分かりますが、ダメならダメと割り切って、債務整理を選択しましょう

弁護士に相談すれば、解決への一歩が踏み出せます。

借金問題が1年以上も続いている時

住宅ローンやマイカーローンなどを除き、小額借り入れであるにもかかわらず、1年以上も返済が続いている人は、危機感を覚えたほうがいいです

返済をきちんとしているのに、1年以上も返済が続いているということは元本が全然減っていないということです。

利息分だけきちっと払っていても元本を返済しない限り借金は減りません。

借金が多すぎるのか、毎月の返済額が少なすぎるのか、何か問題があるはずです。

少しでも早く借金問題から解放されるためにも返済計画を見直しましょう。

どうしてもうまくいかない時は債務整理を活用しましょう

弁護士に相談すれば、どの債務整理が適用できるか教えてくれます。

いつまでたっても借金の返済に追われるときは、債務整理に詳しい弁護士に相談してみましょう。

まとめ

債務整理をするタイミングは、精神的に不安定になる前がベストです

借金問題でノイローゼになると冷静な判断ができません。

まだ精神が元気なうちに、債務整理に強い弁護士に相談しましょう

債務整理をすべき具体的なタイミングは、「借金の利息分しか支払えない時」「月の収入の3分の1以上を返済に充てている時」「複数の会社から借金している時」「借金を返すために借金をしている時」「借金問題が1年以上も続いている時」などです。

これらに該当する時は、非常事態なので債務整理を検討しましょう。

借金問題は「早期相談早期解決」がポイントになります

時間がたてばたつほど、状況は悪化します。

少しでも早く動けばキズも浅くてすみます。

借金問題を何とかしたいと思ったら、すぐに債務整理に詳しい弁護士にご相談ください

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付