任意整理をするための条件を詳しく解説!

借金が多く、返済に困っている人は債務整理を考えることでしょう。

債務整理は色々ありますが、一番多く使われているのが任意整理です。

任意整理が良く使われる理由は、裁判所を通して手続きをする自己破産などに比べて、手続きのハードルが低いところにあります。

任意整理は、原則利息をカットしてもらい、元本を何回かに分けて返済していく制度です。

すべてがチャラになる自己破産と異なり、任意整理は元本を返さないといけないので、きちんとした返済計画が必要になります。

任意整理は使い勝手のいい制度ですが、任意整理にも適用条件があります。

今回は、そんな任意整理をするための条件や任意整理に向いている人について、詳細に解説していきます

任意整理とは、利息をカットしてもらい元本のみを返済する制度

任意整理とは、利息の部分を棒引きしてもらい、元本のみを数回に分けて返済する制度です

裁判所を通す必要がないので、債務整理の中では一番多く使われています。

積み重なった多額の利息は支払えないが、元本のみなら月々の収入から返済できるというような人にとっては使い勝手のいい制度です

一方で、貯蓄も収入もない人にとっては使い勝手の悪い制度です。

その場合は、全てがチャラになる自己破産などを検討しましょう。

任意整理は裁判所を通す必要がありませんが、債権者と交渉しなければいけません。

当たり前の話ですが、債権者は利息が収益になるので、そう簡単に話し合いに応じてくれません。

任意整理を成功させるためには、知識と経験を兼ね備えた弁護士に依頼する必要があります

なんとしても任意整理を成功させたい方は、経験豊富な弁護士にご相談ください

任意整理は法律上の制限が少ない

任意整理は、他の債務整理と異なり法律上の制限が非常に少ないです

自己破産は、全ての借金がゼロになるので、大変魅力的ですが制限も非常に多いです。

家や車を手放したくなくても自己破産だと強制的に没収されてしまいます。

その点、任意整理は家や車が没収されません。

任意整理は、債権者との話し合いで決まるので、交渉がすべてです。

どうしても家や車を残したい方は、自己破産ではなく任意整理で処理することをお勧めします

任意整理の問題点は、あまり借金が減らないこと

任意整理は、利息分をカットするだけなので、あまり借金額が減らないのが難点です

裁判所を通して手続きをする自己破産は強制的に借金を減らせますが、任意整理は債権者との話し合いなのでそこまでの強制力はありません。

収入がない方や収入が少ない方は、元金が減らないので、利息分が減るぐらいでは、まだまだ厳しい状況かもしれません

一定の収入が毎月あり、きちんと元本を少しずつ返せる方には任意整理は適していますが、きちんと返済プランを立て定期的に返せない方には適さない制度です。

任意整理がいいか、自己破産がいいかでお困りの方は、一度債務整理に強い弁護士に相談し、どの制度がいいか聞いてみてください

業務経験豊富な弁護士が相談者様に適したベストな債務整理をご紹介します

任意整理をするための条件

任意整理は他の債務整理より条件が厳しくないのが最大の特徴です

基本的に、債務者と債権者の話し合いですべてが決まるので、法的な条件もほとんどありません。

ただし、任意整理を活用するためには、「月々の収入がある」「返済期限内に返済できる」などが条件というより必要になってきます

任意整理は元本を返さないといけないので、ある程度の収入がないと返済できません

元本を返すにも永遠というわけにはいかないので、返済期限を区切る必要がでてきます。

また、債務整理をしたのですから、きちんと完済する必要があります。

再度、返済できないなどの事態に陥れば、任意整理した意味がなくなってしまいます

よって、これらのことが任意整理の最低条件になります。

月々の収入がきちんとある

債権者が任意整理に応じる条件は、元本をきちんと返せるかどうかにあります

安定的な月々の収入があれば、元本返済が可能と債権者も判断できますが、収入がなければ元本すら返済できないのではないかと債権者に思われてしまいます。

サラリーマンや公務員が強いのは、きちんとした定期収入があるからです。

任意整理は、利息分や遅延損害金は払えないけれども、元本を少しずつ返せる人には適した制度です

返済期限内に返済できる

任意整理を利用すると、債権者と元本を何年で返すか決めます

債権者が望む年数で返し終わるには、やはりある程度の収入が必要になります。

返済期限内に返済できるかどうかも条件の一つになります

借入額が多く月々の返済額が想像を超えてしまうような場合は、任意整理ではなく自己破産などを検討しましょう。

最悪なのは、また返済が滞りクラッシュしてしまうことです

任意整理をしたにもかかわらず、返済をストップさせてしまうと一括返済を求められてしまうこともあるので、十分ご注意ください。

任意整理を認めてもらう秘訣は「きちんと定期的に返済し、完済できる」ということを強く債権者に示すことです

任意整理で処理すると決めたなら、きちんと完済するまで滞りなく返済しましょう。

最初から無理と分かっているなら、自己破産などの方法で借金問題を処理してください。

任意整理が向いている人は、借入金が少ない人や財産がある人

任意整理は借入金が少ない人が向いています

なぜなら、結局は元本を返さないといけないからです

借入金が大きすぎると、いくらきちんとした収入があっても返済できないからです。

借入金が大きすぎる場合は、任意整理ではなく自己破産などを考えるといいでしょう。

財産がある人も任意整理は向いています

自己破産などは、強制的に財産を没収されてしまいます。

財産の中でも特に注意したいのが家や車です。

自己破産すると家を追い出され、車も没収されてしまいます。

しかし、任意整理をしても家や車は没収されません

つまり、借入金が少なく財産がある人には任意整理が適しているのです

借家だったり車を持っていなかったり財産を大して持っていなければ自己破産でも構いませんが、家を手放したくないなどの理由があるならば任意整理で借金問題を解決しましょう

まとめ

任意整理は、裁判所を通す必要もなく法的な制限がほとんどない使い勝手のいい使用者の多い制度です。

利息分や遅延損害金をカットしてもらえるので、元本ぐらいは返せるという人にはお勧めの方法になります。

任意整理は全て債務者と債権者の話し合いで決まりますが、適用条件などもあります。

任意整理は、ある程度の定期収入がないと適用するのが難しい制度です

借金の額が大きい人や財産・資産・収入がない人は任意整理ではなく自己破産を選択した方がいいでしょう

一方で、財産がある人や持ち家やマイカーを手放したくない人は、任意整理を選ぶといいでしょう

どの債務整理が自分に一番合っているかは弁護士にご相談ください。

相談者様にあったベストな債務整理をご提案いたします。

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付