過払金請求の一覧

過払い金、時効10年を過ぎても請求できるケース

借金を返済するときに、法律で決められた金利よりも、高い金利で払っていた利息が「過払い金」です。過払い金は法的な手続きによって取り戻すことができます。 通常、「過払い金の時効は10年」で、時効を過ぎれば過払い金は取り戻すことができなくなります…

過払い金請求は弁護士に依頼した方がいい理由

過払い金は借金の返済のときに、法律で定められた上限金利を超えた高金利で支払った利息のことです。最終返済日から10年以内であれば、過払い金を取り戻すことができます。 過払い金返還請求は貸金業者と交渉をおこなうため、法的知識や交渉力が必要です。…

過払い金の時効は10年、過払い金請求を急ぐべき理由

過払い金は、消費者金融やクレジットカード会社からの借金を、利息制限法の上限金利15%~20%以上で返済した場合に発生する、「払い過ぎた金利」のことです。 長期間にわたって返済をしていた場合には、過払い金が大きな額になっているケースもあります…

過払い金請求手続き、返還までの流れ

「過払い金」は、過去に返済していた借金が、法定金利を超えた利率だった場合に発生しています。 金利に関する法律が改正になった2010年よりも前に、消費者金融などで借り入れをしていれば、過払い金が発生している可能性があります。 「過払い金請求は…

過払い金が発生する理由と請求できる条件とは

「過払い金」とは、過去に返済した借金に含まれていた、払い過ぎた利息のことです。 貸金業者が貸付をするときに乗せる利息は、本来は金利の上限が法律で定められています。 しかし、2010年頃まで多くの貸金業者が、法律で決められた金利よりも高い利息…

相談は何度でも無料/取り立てストップ/借金問題は法的に減額・解決できます!

0120-479-484
メールでのご相談はこちら 24時間受付